サポートへ戻る

概要

GraceMail は、

以上の条件を満たしていれば、利用者は国内外を問わず、いつ、どこからでも学生用のメールサーバにアクセスし、メールの送受信をすることができるシステムです。
以下、GraceMail について詳しく説明していきます。

従来のメールと、Grace Mailの違い

これまでメールを送受信する場合は、各メールソフトの設定を行ってからでないと、メールを送受信することが出来ませんでした。 今回導入した [ GraceMail ]では、このようなメールソフトを使用しなくてもメールの閲覧・送受信を行うことができます。
この2つの仕組みを併用する際には、メッセージのやりとりに関する相違点があるため、 各メールソフトの設定に注意をはらう必要があります。
自分宛に届いた電子メールは、一旦学生用メールサーバに蓄積されます。 従来の方法では、この蓄積されたメールをパソコンに全て移動し、各メールソフトで閲覧していました。

一方、 GraceMail では、直接メールサーバの中のメールを閲覧しにいきます。
GraceMail で受信操作を行うと、学生用メールサーバに蓄積されたメールが、[GraceMailサーバ ]と呼ばれる専用サーバにコピーされます。それをWebブラウザ( Internet Explorer等)で直接閲覧する仕組みになっており、 パソコンにメッセージを移動することなく、メールの送受信を行います。
このため、読んだメッセージの内容やメールアカウントの情報がコンピュータに残らず、安全です。

従来のメールと、GraceMailとを併用する場合の注意事項

この2つの仕組みを併用する場合、いくつかの注意点があります。
POPを取り扱うメールソフト(OutlookExpress, ThunderBird等)でメールを受信してしまうと、学生用メールサーバから自分のパソコン(あるいは自分の共有ディスク)に全てのメッセージが移動してしまうため、その後、GraceMailで学生用サーバの中を閲覧しても、自分に届いているメッセージを見ることができません。

両方の環境で同様にメールを受信したい場合は、 各メールソフトの設定で「サーバにメールを残す」設定にするか、先にGraceMail にログインして、メールの読み込み作業を行って下さい。

※各メールソフトと GraceMail を同時に開いている場合でも、一旦メールを受信してしまうと、メールはメールサーバから消えてしまいます。
再度 GraceMail でそのメッセージを受信することはできません。 あらかじめご了承下さい。

さらに詳しいマニュアルは こちら をご参照下さい。

Copyright (C) 2008 Chuo University. Center for Information Technology and Computing Services. All Rights Reserved.