TOPへ戻る



壊れたWordファイルの修復方法

現象


◆文書ファイルが壊れていることが原因で、プログラムの動作に問題が発生する可能性があります。

  この現象はファイル内の誤った情報に基づいてアプリケーションが処理を行うために発生します。

  文書の破損を防ぐための最善の方法は、作成中の文書を定期的にバックアップすることです。

  しかし、文書のバックアップを取っていなかった場合などに以下の手順を使用すれば、
  壊れた Word ファイル( Microsoft Windows 用 ) を特定し、
  場合によっては正常な状態に戻すことが可能です。


  以下にその方法を説明します。
 
次へ
手順1−1 問題のファイルが開ける場合 (Word2000強制的にファイルの修復を実行する方法) 

 



Microsoft Wordを起動します。

Wordのメニューから[ファイル]をクリックし、[開く]をクリックします。
   
次へ
手順1−2 問題のファイルが開ける場合 (開いて修復)

 



ファイルを開くダイアログボックスが表示されます。

1. 目的のWord文書を選択します。

2. [開く]ボタンの右の矢印ボタンをクリックして、さらに[開いて修復]を選びクリックします。

以上です。
   
次へ
手順2−1 問題のファイルが開ける場合 (別のファイル形式に文書を保存してからWord形式に戻す方法)

 



壊れた文章を開きます。

Wordの[ファイル]メニューから[名前を付けて保存]をクリックします。
   
次へ
手順2−2 問題のファイルが開ける場合 (別のファイル形式でファイルを保存)


※問題の文書を別ファイル形式で保存します。まず最所に[リッチテキスト形式(RTF) ](*.rtf)
  または[Webページ](*.htm;*.html)のどちらかで保存を試みて下さい。

  これらの形式では、Word文書内の書式設定が保持されます。

 



[名前を付けて保存]ダイアログボックスが表示されます。

1. ファイルの種類を変更します。 ※今回はリッチテキスト形式(RTF)を選択します。

2. [保存]ボタンをクリックします。

保存が終了したら元の文章は一旦閉じます。
   
次へ
手順2−3 問題のファイルが開ける場合 (再度Word形式で保存)

 

再度 Word を起動します。

Wordの[ファイル]メニューから[開く]をクリックします。

 



[ファイルを開く]ダイアログボックスが表示されます。

1. 手順2-2でリッチテキストとして保存したファイルを選択します。

2. [開く]ボタンをクリックして開きます。
   
次へ

 

Wordの[ファイル]メニューから、

[名前を付けて保存]をクリックします。

 



[名前を付けて保存]ダイアログボックスが表示されます。

1. ファイルの種類を[Word 文書] (*.doc) とします。

2. [保存]ボタンをクリックして今度はWord文書として保存します。
   
次へ
   

この方法がうまくいく場合、ファイルの破損個所は変換中に除去されています。
破損した状態のままの場合は、さらに別のファイル形式への保存を試みて下さい。


※次のファイル形式および順番に従ってファイルの保存を試みる事をお勧めします。


1. リッチテキスト形式(*.rtf)
2. Webページ(*.htm;*.html)
3. 他のワープロの形式
4. テキストのみ(*.txt)


(注※)ファイルを [テキストのみ] の形式にすると、多くの場合、文書破損の問題が修正されますが、
    文書の書式、グラフィック、およびマクロ コードはすべて失われます。
     したがって、この方法は、ほかのファイル形式で問題を修復できない場合にのみ使用してください。


   
次へ
手順3−1 問題のファイルが開けない場合 (Wordパッドで壊れたWordファイルを開く)

 



Windowsの[スタート] メニューの、[プログラム]、[アクセサリ] の順にポイントして、[ワードパッド] を開きます。
   
次へ
手順3−2 問題のファイルが開けない場合 (壊れたWordファイルを開く)

WordPadの[ファイル] メニューをクリックし、

[ 開く ] をクリックします。




[開く]ダイアログボックスが表示されます。

1. 壊れた Word 文書を選択します。

2. [開く]ボタンをクリックして開きます。

※この場合、Word 文書はテキスト ファイルとして開かれます。
  文書の先頭と末尾に、意味不明な文字が表示されることがあります。
  これらの文字、および元の Word 文書に含まれていないそのほかの文字は削除することができます。

   
次へ
手順3−3 問題のファイルが開けない場合 (名前を付けて保存)

WordPadの[ファイル] メニューをクリックし、

[名前を付けて保存] をクリックします。



[名前を付けて保存]ダイアログボックスが表示されます。

1. [ファイル名] ボックスに、doc 拡張子を使って新しいファイル名を入力します。

2. [保存] ボタンをクリックします。

Wordパッドは[ファイル] メニューの [終了] をクリックします。
   
次へ
手順3−4 問題のファイルが開けない場合 (Wordで起動、Word文書として再保存)

Word を再起動し、手順 3-3. で保存したファイルを開きます。

開いたら、Wordの[ファイル] メニューから

[名前を付けて保存] をクリックします。



[名前を付けて保存]ダイアログボックスが表示されます。

1. ファイルの種類を[Word 文書(*.doc)] 形式を選択します。

2. [保存]ボタンをクリックします。

以上です。

これで、新しい文書の書式を設定し直し、壊れた元のファイルに含まれていた
グラフィック、フィールド、およびそのほかの書式を追加することができます。




Copyright (C) 2005 Chuo University. Center for Information Technology and Computing Services. All Rights Reserved.