サポートへ戻る

現象

パソコンを使用している最中に画面が反応しなくなる、操作できないなどといったフリーズ状態となる場合があります。
そういった状況が起こった場合の対処方法と原因別の回避策について説明します。

対処方法1 フリーズの原因となっているプロセスが完了するまで待つ

パソコン本体に搭載されているハードディスクへのアクセスランプが頻繁に点滅している場合は、パソコンが処理を続けており、 その処理に全力で取りかかっている為に一時的にフリーズ状態となっている可能性があります、その場合にはそのままお待ち頂く ことで状況が改善される場合があります。
しばらく待っても状況の改善が見られない、または、アクセスランプが点滅していない状態にも関わらずフリーズ状態が続く場合は対処方法2へお進みください。

対処方法2 Ctr + Alt + Delete キーによる強制終了

キーボードの[Ctrl]キー、[Alt]キー、[Delete]キーを同時にクリックします。
※同時にクリックするというよりは[Ctrl]キーと[Alt]キーを押しながら、さらに[Delete]キーを押すというイメージになります。

Windows XPの場合

Windows のセキュリティという画面が表示されます。 同画面[シャットダウン]を選択します。

Windows 7 、Vista の場合

画面右下の電源ボタンをクリックし、ポップアップした選択項目から[シャットダウン]を選択します。

対処方法3 電源ボタンの長押しによる強制終了

上記の対処法でも問題が解決しない場合には、直接パソコンの電源ボタンを3秒以上押し続け電源を強制的に切ります。
※強制終了を行った場合次回起動時に何らかの不具合、障害が発生する場合がありますので、可能であれば対処前に支援室までご連絡ください。 ※強制終了後に再起動する場合は、電源が完全に切れた後に10秒程たってから電源を入れて下さい。

原因別の回避策

熱暴走によるフリーズ

パソコン本体の背部、底部などにある熱排気口などに埃が目詰まりする、内部の温度を下げるためのファンの異常動作などの原因により、 内部温度が上昇することによりCPUの機能が停止することがあります。
この場合、熱排気口の掃除や、破損したファンの交換、設定の改善などで症状が出ないよう運用改善することが出来ます。
詳しい方法、手順については支援室までご相談ください。

メモリ不足によるフリーズ

大きいサイズの動画ファイルのエンコード処理や、大量の文書ファイルや表計算ソフトを同時に複数編集される場合、 パソコンに搭載されているメモリと呼ばれるアプリケーションの動作処理を行うための一時的な記憶領域だけでは処理が追いつかず、 ハードディスクをメモリ代わりとして処理を続行することがあります。
一般的にハードディスクはメモリより読み出し、書き出しの動作が遅い為に処理が著しく遅くなりフリーズに陥る場合があります。 対処方法としましてはメモリの増強や、運用の改善を行って頂くことで改善されます、詳しくは支援室までご相談ください。

Windowsの論理障害、物理障害によるフリーズ

上記の回避策の対応後も頻繁にフリーズが発生する場合はwindowsの基幹構成部分のファイルが破損していたり、 パソコン本体の部品に障害が発生している可能性があります。論理障害、物理障害によるフリーズが疑われる場合は 支援室までご相談ください。

Copyright (C) 2009 Chuo University. Center for Information Technology and Computing Services. All Rights Reserved.