サポートへ戻る

「保護されたコンテンツの再生は未サポート」「HDCPに対応していない」等の表示が出る

DVDプレーヤーの種類によって実際のエラー表示画面や文言が異なりますが、DVDディスクを再生しようとすると

というような内容のエラー表示が出て、DVDディスクが再生できない、或いは再生しようとしても一瞬だけ映像や音が出て再生が止まってしまうことがあります。

これは「HDCP」という著作権保護システムに対応していないグラフィックカード、ディスプレイ(モニター)、ディスプレイケーブル(DVIケーブル、HDMIケーブル)などで接続された環境で、日本のデジタル放送などが録画されたハイビジョンディスクを再生しようとした場合などに発生します。

【HDCPとは】
High-bandwidth Digital Content Protection system の略で、映像を再生する機器とディスプレイの間を、HDMIやDVIといったデジタル伝送システムで伝送するときに信号を暗号化し、コンテンツの不正コピーを防止する著作権保護技術の一つです。日本のデジタル放送を録画したディスクのデジタル伝送によるハイビジョン再生は、このシステムによって保護された伝送路およびディスプレイ(モニター)でのみサポートされています。

このエラーは、基本的にはディスプレイ(モニター)とコンピューター本体が別になっていて、ディスプレイケーブルを使って接続しているデスクトップ型コンピューターで発生します。ディスプレイ(モニター)一体型のコンピューターや、ノートパソコン本体の液晶ディスプレイ(モニター)で再生しようとする場合には発生しません。

アナログRGBケーブル(VGAケーブル、D-Sub15pinコネクタがついたもの)は、デジタル伝送に対応していません。

グラフィックカードには、2つ以上の出力端子を持っているものがあります。グラフィックカードとディスプレイ(モニター)がHDCPに対応しているにも関わらず、上記のエラーが出る場合には、DVI端子やHDMI端子で接続されているかどうかご確認ください。

解決方法

HDCP非対応の機器を特定し、HDCP対応機器に交換する

上記のようなエラー表示が出る場合、グラフィックカード(コンピューター本体のディスプレイ出力部)、ディスプレイ(モニター)、ディスプレイケーブルのいずれかまたは全部がHDCPに対応していない事を意味します。このようなエラーが出るディスクを再生するためには、HDCPに非対応の機器をHDCP対応の機器に交換する必要があります。

それぞれの機器がHDCPに対応しているかどうかは、取扱説明書や仕様書に記載されています。型番を調べてメーカーや販売店にご確認ください。

【グラフィックカードを交換する場合】
グラフィックカードの交換が必要になった場合、グラフィックカードにはいくつかの互換性のない規格があり、現在取り付けられているものと同じ規格で、かつHDCP対応のものを新たに入手する必要があります。
また、グラフィックカードの交換作業は、コンピューター本体を開ける必要があります。コンピューター本体を開けた時点でメーカー保障が受けられなくなることがありますので、事前にご確認ください。

【ディスプレイ(モニター)を交換する場合】
ディスプレイ(モニター)がHDCPに対応していない場合は、そのディスプレイ(モニター)は使う事ができません。新たにHDCP対応のディスプレイ(モニター)を購入して交換してください。

【ディスプレイケーブルを交換する場合】
ディスプレイケーブルがHDCPに対応していない場合は、新たにHDCP対応のディスプレイケーブルを購入して交換してください。

※ディスプレイ切替器を使用する場合は、HDCP対応のディスプレイ切替器が必要です。

Copyright (C) 2010 Chuo University. Center for Information Technology and Computing Services. All Rights Reserved.