サポートへ戻る

AVCHDについて

AVCHDとは、ハイビジョン動画記録フォーマットのひとつで、従来のハイビジョン動画記録フォーマットよりも圧縮効率がよいため、DVD程度のディスク容量でもハイビジョン映像を数時間録画することが可能なフォーマットです。ただし従来のDVD規格と互換性はありません。AVCHDに対応していない従来のDVDプレーヤー(DVDレコーダー)にAVCHDディスクを入れた場合、ディスクを認識しなかったり、再生できないばかりか、取り出せなくなる事もありますのでご注意ください。

AVCHDは、ハイビジョン録画に対応しているハードディスク録画方式やメモリー録画方式の家庭用デジタルビデオカメラで多く採用されており、それらのカメラとAVCHD対応のDVDレコーダーやブルーレイディスクレコーダーを接続して、一般的なDVDのディスクにハイビジョン映像を収録したAVCHD形式のDVDを作成することが比較的簡単にできるようになっています。
このようにして作られたAVCHDのDVDディスクは、見た目は一般的なDVDと何ら変わらないので、AVCHDの再生ができない環境で両者のディスクが混在すると、再生できたりできなかったり、という状況が発生しやすくなります。

コンピューター上でAVCHDで録画したDVDディスクを再生するためには、基本的にはAVCHD方式(H.264/MPEG-4 AVC)に対応したDVD再生ソフトウェアが必要です。

※Windows7 (Starter Editionを含む)では、AVCHD方式(H.264/MPEG-4 AVC)のビデオの再生機能が標準で装備されていますので、WindowsMediaPlayerで再生することができます。

AVCHDで録画したDVDを再生する

AVCHDで録画したDVDディスクは暗号化されておらず、ファイル自身もH.264/MPEG-4 AVCファイルそのものであるため、H.264/MPEG-4 AVCの再生ができる環境であれば、録画したファイルを直接開くことによって再生できることがあります。

ただし、AVCHDで録画されたDVDディスクは「UDF2.5」というファイルフォーマットを採用しているため、標準で「UDF2.5」に対応していない Windows XP では、[マイコンピュータ]でディスクの入ったドライブを選択してもディスクを認識しなかったり、開いても中のファイルがまったく表示されない状況になります。
AVCHD方式のハイビジョンビデオカメラに付属する映像取り込み用のソフトウェアや、一部のゲーム機用のドライバなどを適用すると、UDF2.5ドライバが適用され、ディスクの中のファイルが表示されるようになる場合があります。

Windows Vista、Windows7 は標準で「UDF2.5」に対応しています。

手順1 (AVCHDで録画したDVDディスクを開いて、動画ファイル本体を探す@)

[マイコンピュータ] を開き、AVCHDで録画したDVDディスクを入れたDVDドライブを右クリックし、[開く]で開きます。

次へ

手順2 (AVCHDで録画したDVDディスクを開いて、動画ファイル本体を探すA)

[BDMV]→[STREAM]の順にフォルダを開きます。

次へ

手順3 (AVCHDで録画したDVDディスクを開いて、動画ファイル本体を探すB)

拡張子が[mts]または[m2ts]のファイルが録画したファイル本体です。
下図の場合は[0001.m2ts]というファイルが録画ファイル本体です。

次へ

手順4 mts または m2ts ファイルを開く

【Windows 7 以降の OS の場合】
録画ファイルをダブルクリックすると、WindowsMediaPlayerが立ち上がり、再生します。

【Windows Vista 以前の OS の場合】
H.264/MPEG-4 AVCの再生に対応したソフトウェアを使って、mts または m2ts ファイルを直接再生できます。

Copyright (C) 2010 Chuo University. Center for Information Technology and Computing Services. All Rights Reserved.