よくあるご質問

c-faculty のよくある質問を以下にまとめています。
また、マニュアルにも掲載していますのでご参照ください。
ご不明な点ございましたらお気軽に「多摩ITセンター」までお問い合わせください。

※pdf形式のファイルを閲覧するためには「Adobe Reader」が必要となります。
必要な方は Adobe社のサイトからダウンロードしてください。

c-faculty の容量はどのくらいですか?

一人あたりのディスク容量は 2Gbyte です。

c-faculty のパスワードを忘れてしまいました。

多摩ITセンターでは、各先生方のパスワード管理はしておりません。
再発行になりますので、パスワード再発行申請書に必要事項をご記入の上、 多摩ITセンターまで持参下さい。(即日発行)

パスワード再発行申請書(PDF) はこちら >>>

※パスワードを記憶していて、ご自身でパスワードを変更される場合はパスワード再発行申請は不要です。 c-faculty パスワード変更 をご参照の上、パスワードを変更して下さい。

c-faculty のパスワードを変更したい。

ご自身でパスワードを変更することができます。
下記リンクをご参照の上、パスワード変更をして下さい。
※初期パスワードは仮のパスワードとなっておりますので、速やかに変更してください。

c-faculty パスワード変更 はこちら >>>

ホームページデータのファイル名に日本語は使用できますか?

c-facultyサーバでは、日本語のファイル名を認識することができません。
日本語のファイル名は使用せず、半角英数字のファイル名を使用して下さい。
さらに大文字と小文字を区別しますので、全てのファイル名を小文字に統一するほうが確実です。
自分のコンピュータで見えていた画像が、ホームページにアップロードすると見えなくなった、という場合は、まずファイル名を確かめてください。

自宅(※学外)からアップロードできますか?

c-faculty は特にコンテンツ更新を制限していません。
直接、ご自宅のPCから操作が可能です。

学生への教材配布用途で利用できますか?

学生への教材配布用途については、c-faculty で、パスワード(Basic 認証)をつけた状態での公開が可能です。 Basic 認証 のやり方は マニュアル をご参照下さい。ご不明な点ございましたら、多摩ITセンターまでお問い合わせ下さい。

ページが正しく表示されません。

以下のような原因が考えられます。今一度ご確認下さい。

  1. 該当するファイル(画像/HTMLファイル)がサーバに正常転送されているかどうか
  2. ファイル名・フォルダ名を打ち間違えていないか
  3. 日本語ファイル名を使っていないか(日本語のファイル名は使用できません)
  4. 大文字/小文字は間違っていないか

問題が解決しない場合は多摩ITセンターまでお問い合わせ下さい。

各CGIソフトウェアのパスを教えて下さい。

下記の通りになっております。詳細は多摩ITセンターまでお問い合わせください。

  1. perl           /usr/bin/perl
  2. php           /usr/bin/php
  3. nkf             /usr/bin/nkf
  4. uuencode        /usr/bin/uuencode
  5. sendmail       /usr/lib/sendmail
CGIが正常に動作しません。

下記の点についてもう一度確認して下さい。

  • ファイルのパーミッションは正しく設定されているか
  • ファイルの名前・CGIのパスは正しく設定されているか
  • CGIファイルはアスキーモードで転送されているか(FTPソフトの設定をご確認ください)
c-faculty にあるアカウントを削除して下さい。

多摩ITセンターにて c-faculty の削除申請を承っております。
c-faculty削除申請書に必要事項をご記入の上、多摩ITセンターまで持参下さい。
アカウントを削除すると、個人ホームページの全データも削除されます。

c-faculty削除申請書(PDF) はこちら >>>