専任教員

戦略
教授/工学博士(北海道大学)
山本 秀男 Hideo Yamamoto
写真
グローバル化する経営環境の中で事業を継続的に発展させるためには、
現場を重視する日本的経営の優れた点を伸ばしながら、国際的な視野でマネジメントすることが重要です。
私の担当科目では、経営戦略の実現ツールである情報通信システムの効用とリスクを知り、
新たな企業価値を創造する方法論や実践例を学んでいきます。
また中長期的な経営戦略に直結する技術開発マネジメントの研究も進めます。
いわゆる文系と理系の垣根を乗りこえ、産業界をリードする経営戦略を立案・実行できる人材の育成に尽力します。
情報通信技術の活用と経営戦略に興味のある皆さん、一緒に学びましょう。講義や演習を通じて私自身も成長していきたいと考えています。
最終学歴 東北大学大学院工学研究科 電気及通信工学専攻修士課程修了
担当科目 ICTガバナンスと企業戦略/プログラムマネジメント/eビジネス論/特別講義(ネットワーク時代のセキュリティとガバナンスを考える)/プロジェクト研究I/プロジェクト研究II/研究論文/課題論文
専門分野 プログラムマネジメント、ICTシステム投資評価
主な著書・論文
  • Hideo Yamamoto(2014) “Program Management in Context”The 4th Asian Conference on Innovative Energy & Environmental Chemical Engineering (ASCON-IEEChE) November 9-12,2014,pp.548-553. ISBN 978-89-5708-249-2
  • 山本秀男(2014)「イノベーションプログラムのマネジメントに関する考察」 『国際P2M学会論文誌』,Vol.8,No.2,pp. 123-133.
  • 山本秀男/豊田香/湯野川恵美(2013)「SI企業のプログラムマネジャー育成に関する考察」『国際P2M学会論文誌』,Vol.8,No.1,pp.49-63.
  • 山本秀男(2012) 「多重請負型SI企業におけるリーダーシップに関する考察」 『国際P2M 学会論文誌』,Vol.7,No.1,pp.135-146.
  • Hideo Yamamoto, Atsushi Yoshikawa, Mikako Ogawa, Akiko Orita and Takao Terano, (2011)“Narrative Approach Education using MANGA for Management”, Journal of Strategic Management Studies, Vol.2, No.2, pp.31-42. (July 2011)
  • 吉田邦夫/山本秀男(編著)(2014)『イノベーションを確実に遂行する 実践プログラムマネジメント』日刊工業新聞社
  • 山本秀男(2010)「電子商取引」情報処理学会歴史研究特別委員会編『日本のコンピュータ史』第4章4.5節担当pp.243-251,オーム社
  • Yamamoto. H,(2009), “Information Sharing for an ICT System for Strategic Program Management”, S. Ohara and T. Asada: Edition “Japanese Project Management KPM-Innovation, Development and Improvement”, pp.107-110, pp.143-153, pp.311-312, World Scientific Publishing.
URL
×このウィンドウを閉じる
 
Copyright © 中央大学ビジネススクール All Rights Reserved.