専任教員

戦略
教授/博士(商学)(慶應義塾大学)
丹沢 安治 Yasuharu Tanzawa
写真
皆さんには普段の仕事で実践している手続き、問題解決などから身についた経験的知識があると思います。この経験的知識を特に「企業戦略」という立場から理論的に整理しなおした上で、もう一度実践の場で試みるというサイクルの形成のためにお手伝いをしたいと思います。その際、実際のビジネスモデルや企業戦略の策定など、現実に近いレベルでのモデル化を目指すため、経済学的な推論は多用しますが、数理的なモデルは用いません。また、仕事上身についた知識を整理して学術的に意味のある成果にまとめようという目的を持った方も歓迎します。
最終学歴 慶應義塾大学大学院商学研究科博士課程単位取得後退学
担当科目 ビジネスエコノミクス/組織の経済学/新興国ビジネス戦略/プロジェクト研究I/プロジェクト研究II/研究論文/課題論文
専門分野 企業戦略、組織の経済学
主な著書・論文
  • 『日中オフショアビジネスの展開』編著 同友館 2014
  • Tanzawa,Y(2015)“Business Strategies in Vietnam as an Emerging Country, ” Journal of Strategic Management Studies,Vol.7, No.1, May, 2015, p.11-17.
  • 丹沢安治(2014)「日中間ソフトウェア・オフショア開発における重層的取引構造の共進化」『日中オフショアビジネスの展開』丹沢安治編,同友館,2014年2月,pp.3-32.
  • 丹沢安治/潘若衛/室勝弘(2014)「ソフトウェア開発におけるデュアルショアモデルの成立」『日中オフショアビジネスの展開』丹沢安治編,同友館,2014年2月,pp.59-79.
  • 丹沢安治(2014)「経営学における新制度派経済学の展開とその方法論的含意」『経営学の再生』経営学史学会編,文眞堂,2014年5月,pp.65-78.
  • 丹沢安治(2013)「グーテンベルク学派の新制度派経済学に基づく組織論」『グーテンベルク』経営学史学会監修,海道ノブチカ編著,文眞堂,2013年5月,pp.148-171.
  • 丹沢安治(編著)(2014)『日中オフショアビジネスの展開』同友館
  • 丹沢安治/手塚公登/安田洋史/高橋浩(2015)「新制度派経済学の最近の現状」経営情報学会全国大会,2015年5月31日
×このウィンドウを閉じる
 
Copyright © 中央大学ビジネススクール All Rights Reserved.