専任教員

戦略
教授博士(商学)(一橋大学)
榊原 清則Kiyonori Sakakibara
本田宗一郎の言葉に「人生に回り道はない」というものがある。
   一見迂遠で遠回りに見えることでも、あとで考えてみると、
結局なにごともその人の成長に役立たないものはない、というのである。
名言と思い、私が大切にしている言葉である。
最終学歴 一橋大学大学院商学研究科博士後期課程満期退学(所定単位修得)
担当科目 技術開発マネジメント論/イノベーションの実践/プロジェクト研究I/プロジェクト研究II/研究論文/課題論文
専門分野 経営学、経営戦略論、イノベーション論、科学技術政策論
主な著書
・論文
  • 榊原清則/青島矢一(2015)「経営の日本的特徴は消えるのか−「会社の二面生」が示唆する展望」『一橋ビジネスレビュー』 東洋経済新報社 Vol.62,No.4.pp.142-151.
  • 榊原清則(共著)(2012)『アフターマーケット戦略―コモディティ化を防ぐコマツのソリューション・ビジネス』白桃書房
  • 榊原清則(2013)『経営学入門[上][下](第2版)』 日本経済新聞出版社
  • 榊原 清則/松本 陽一/辻本 将晴 (2011) 「イノベーションの相互浸透モデル:企業は科学といかに関係するか」白桃書房
×このウィンドウを閉じる
 
Copyright © 中央大学ビジネススクール All Rights Reserved.