●学長挨拶(2006年度)

  ●リーダー挨拶(2006年度)

  ●研究目的と体制、研究計画、教育と人材育成(2006年度)

  ●これまでに開催した主なシンポジウム・講演会等

  ●プログラム紹介
    (2006年度)
    (2005年度PDF) (2004年度)

  ●推進体制(2006年度)

  ●グループ別研究テーマならびにメンバー一覧(2006年度)

  ●2007.3.1 放送暗号研究会「Cryptosystems Based on Linear Recurrence Sequences」(講師:Dr. Kennth Giuliani, Toronto University)

  ●2007.2.26 講演会「Elliptic curves over $\mathbb{Z}_n$」を開催

  ●2007.2.25 協賛討論会「JSSMセキュリティ公開討論会」(「情報セキュリティの日」関連行事)

  ●2007.1.20 講演会「Infomation Technology Applications of Statistical Nonlinear Dynamics」

  ●2007.1.19 講演会「$p$-kernels and $p$-divisible groups of principally polarized abelian varieties」

  ●2007.1.15 放送暗号研究会「電子政府と電子認証基盤」

  ●2006.12.6 RAポスター発表会

  ●2006.11.2 Dr. M. Tsfasman談話会「Asymptotic parameters of global fields and abelian varieties」

  ●2006.10.30 Dr. M. Tsfasman談話会「Sphere packings from number theory and algebraic geometry」

  ●2006.10.12 Dr. Nicolaj Volkov講演会「A Polynomial-Based Hashing Algorithm」

  ●2006.10.6 Dr. Florian Hess講演会「The Ate pairing - computational aspects of pairings in cryptography」

  ●2006.9.28 2006.9.28 第3回放送暗号研究会(NHK放送技術研究所 協賛)

  ●2006.9.1-3 中央大学主催シンポジウム開催(於 秋葉原クロスフィールド)

  ●2006.8.19-23 中央大学 情報セキュリティ人材育成講座「情報システムのコンポーネントで見る総合セキュリティ」開催

  ●2006.8.1-3 2006 Workshop on Cryptography and Related Mathematics

  ●2006.8.1 国際ワークショップ「人体周辺の電波利用技術に関するワークショップ(Workshop on Applications of Body Area Radiowaves)」を協賛

  ●2006.7.30 日本学術振興会「ひらめき☆ときめきサイエンス〜ようこそ大学の研究室へ〜」(中高生対象のプログラム)の「君には携帯電話の電波が見えるか?〜電波の伝わる様子をコンピュータでのぞいてみよう〜」を担当

  ●2006.7.27 第2回放送暗号研究会を開催(協賛:NHK放送技術研究所)

  ●2006.7.24 講演会「Watermarking in Image and Audio signals」(Prof. Hector Perez Meana (Postgraduate and Research School ESME Culhuacan, Instituto Politecnico Nacional, Mexico))を開催

  ●2006.7.22 日本公共政策学会関東研究会を共催

  ●2006.6.26 第1回放送暗号研究会を開催(協賛:NHK放送技術研究所)

  ●2006.6.22-23 第25回日本シミュレーション学会大会を共催

  ●2006.6.15 日本セキュリティ・マネジメント学会セキュアOS研究会「セキュアOSカンファレンス」を協賛。

  ●2006.6.10-11 日本公共政策学会10周年記念研究大会を共催

  ●2006.6.5 2006.6.5 Prof. Andrzej Lingas(Lund Univ., Swede)による講演会「Faster algorithms for finding lowest common ancestors in directed acyclic graphs」を共催

  ●2006.4.6-7 ワークショップ「Arithmetic Geometry, Related Area and Applications 」

  ●2006.3.18 講演会「新しい初等・中等教育を求めて」

  ●2006.2.24 講演会「Families of L-functions」講師:Kumar Murty (Univ. of toronto)

  ●2006.2.22 講演会「Point-Based Methods in Shape Modeling and Physical Simulation」講師:L. Guibas (Stanford Univ.)

  ●2006.1.29 たましん新春講演会にて事業推進担当者の細野助博氏が「多摩地域改革への道筋」と題して講演します。

  ●2006.1.21 第16回日本公共政策学会(関東)研究会および中央大学21世紀COEプログラム研究会「デジタル時代のコンテンツと情報セキュリティ」

  ●2005.12.24-25 第2回情報セキュリティ学際シンポジウム−セキュアな社会システムの実現を目指して− (プログラム、参加者募集論文募集 )

  ●2005.12.19-22 代数曲線シンポジウム(主催:日本数学会、共催:中大21COE)

  ●2005.12.17 21COE講演会「Testing Randomness (暗号に用いるための乱数の検定法について)」講師:Professor Andrew Rukhin (Univ. of Maryland-Baltimore County) (ポスター(PDF))

  ●2005.12.7 金融庁金融研究研修センターにおけるフォーラム「金融機関と情報セキュリティ」にて、事業推進担当者の内田勝也氏がパネリストとして登壇

  ●2005.11.28-29 光通信量子暗号シンポジウム(中大21COE、玉川大学共催)

  ●2005.11.18 21COE講演会

  ●2005.11.5 日本公共政策学会・21COE共催研究会「日中関係の今後の課題〜日中の架け橋としての体験をふまえて」講師:莫 邦富 氏(ジャーナリスト)

  ●2005.11.3 21世紀COEプログラム「電子社会の信頼性向上と情報セキュリティ」ならびに理工学部は、(社)電子情報通信学会主催科学教室「安心して生活できる社会をめざして」を共催し、白門祭期間中に、中央大学後楽園キャンパスにて実施します。詳細は こちら
当日の模様(電話でジャンケン)はこちら(サイズが大きいのでご注意ください)

  ●2005.10.12 21COE講演会「Hash and MAC functions with transformation」Dr. Nikolajs Volkovs (University of Toronto)

  ●2005.09.10 Chuo University 21st Century COE Symposium on Reliable and Robust Wireless Networks and EMC

  ●2005.09.09 第4回情報科学技術フォーラム(FIT2005)にてシンポジウム「国家的課題としての情報セキュリティ人材育成」を開催します(入場無料)

  ●2005.08.26-31 情報セキュリティ人材育成公開講座「情報セキュリティ確保のためのPDC」(主催: 文部科学省科学技術振興調整費 中央大学研究開発機構「情報セキュリティ・情報保証 人材育成拠点」)

  ●2005.08.22-23 Workshop on Quantum Communication Theory and the Related Topics

  ●2005.08.08-10 2005 Workshop on Cryptography and Related Mathematics

  ●2005.08.05 21COE講演会「Lewis correspondence and cohomology of arithmetic groups」「Changing the ordering of Groebner bases with LLL: case of two variables」

  ●2005.06.18 中央大学大学院公共政策研究科設立記念シンポジウム

  ●2005.05.27 電磁界理論研究会(主催:電気学会・電子情報通信学会, 協賛:中大21COE)

  ●2005.05.26 Prof. Krishnaiyan Thulasiraman講演会"QoS routing in communication networks"

  ●2005.03.12 日本公共政策学会共催研究会講演会「日米外交新時代のゆくえ」

  ●2005.03.09 講演会「個人識別技術の現状と将来」

  ●2005.03.04 第67回情報処理学会全国大会特別セッション(1)「情報系21世紀COEの現在と今後の展望」にて辻井重男プログラムリーダーがパネリストとして参加

  ●2004.12.14 暗号モジュール評価基準カンファレンス

  ●2004.12.13-16 Gwenole Ars氏連続講演会

  ●2004.12.11 ワークショップ「グレブナー基底アルゴリズムとその暗号理論への応用」

  ●2004.11.21-27 学際的情報セキュリティ総合科学シンポジウム

  ●2004.8.24-28 情報セキュリティ人材育成公開講座「セキュアな電子社会システムの構築に向けて−学際的情報セキュリティ総合科学の視点−」

  ●2004.8.6-8 2004 Workshop on Cryptography and Related Mathematics

  ●2004.8.4&9 Rene Schoof氏、Kumar Murty氏講演会

  ●2004.6.29 Mark Salamasick氏講演会「Information Security Management and IT Audit - "A Win Win Scenario"」

  ●Jeremy Kaminski 氏講演会「Computing the decomposition of an algebraic varieties into irreducible components, with multiplicities」(2004.6.14)

  ●Rotger教授講演会

  間瀬教授講演会

  ●日本公共政策学会
    共催研究会(2004.1.24)
    共催研究会(2004.5.29)
    共催研究会(2004.7.24)
    共催研究会(2004.9.25)
    共催研究会(2004.11.13)

 

  ●研究業績

  ●特許・受賞等

  ●印刷物・技術報告

  ●研究装置CAVE

  ●文部科学省(COE)

  ●日本学術振興会(COE)

  ●中央大学理工学研究所

  ●中央大学研究開発機構

  ●中大大学院理工学研究科

  ●中央大学